企業理念

ブランドの第一制電機
思いやりの第一制電機
全員参加の第一制電機

私たち第一制電機社員一同は、いついかなる場合も全員参加で、安心で永く使っていただける『第一制電機』ブランドを確立し、お客様や社会に貢献できる企業を目指します。


ごあいさつ

社長

 

弊社は、昭和43年の創業以来一貫して、各種プラント電機設備の制御を中心に企業基盤を確立してまいりました。

上下水道プラントの制御よりスタートし、鉄鋼、産業機械、さらに工作機械、飼料、焼却炉と常に新しい分野に挑戦し、現在は主にFA部門に力を注ぎ、光リンクによる数千点の入・出力を有する生産ライン制御等を手がけています。

またコンピューター部門では、データーロガーをはじめDCS装置、ホストCPU、端末CPUとのデータ通信、およびCAD/CAMシステムの開発などの技術向上に努め、両部門の強化によりコンピューターによる中央監視制御システムをまとめ上げる独自のソフト開発による総合制御機器メーカーとしての努力を重ねてまいりました。

その結果、電機設計部門では西日本全域において施工とメンテナンスを行える総合電機計装プラントメーカーとして、お客さまからの厚い信頼をいただき、着実に業績も伸びてまいりました。

また、環境衛生部門では、平成12年に床下換気装置の開発、並びに二酸化塩素ガスによる空気消毒機「Do Clean」を開発いたしました。「Do Clean」は新型インフルエンザに対抗する機器として新聞やメディア等で報道されるなど注目を集めています。私どもは地域に根差した企業として、地域社会に貢献できるよう日々努めております。

社是であります「ブランドの第一制電機」「思いやりの第一制電機」「全員参加の第一制電機」の確立のため、社員全員が国家資格取得という目標を立て、より高く安全な技術を提供できるよう、企業体質の改善と強化、新技術や新製品の開発など、積極的に取り組む所存でございます。今後ともなお一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。